So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

携帯ゲーム器は仮性近視の最大誘引


視力回復~観葉植物02.jpg


小児の視力の衰え、これは現代社会病にもなってきています。

自分のこどもが仮性近視になるとなにかと厄介が絶えません。第一にメンタルな不安、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で面白いのは、兄弟姉妹だと、最初の子が仮性近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。然し乍ら上の子が近視にならないと、次の兄弟姉妹が視力が落ちてしまうリスクが高くなるのです。

要するに親の仮性近視に関する知識不足で、子供の視力が悪くなりやすい傾向があるというわけです。

結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

視力が落ちてしまう原因は、近くのものを見続ける凝視する、これが一番大きい原因です。

つまり眼の焦点を近くに合わせた状態でいると、水晶体の厚さ調整している眼の筋肉が固まってきます。こうした生活習慣が日常化すれば徐々に視力は低下していくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。

視力が悪くなることを防ぎ、視力回復へ緒をつかむには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります。 適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける 携帯ゲーム器は最悪です。

視力改善インストラクターの21世紀理論子供の視力改善トレーニング


前の1件 | -
Copyright © azko48パーソナルブログ All Rights Reserved.