So-net無料ブログ作成

視力低下の根源スマホのゲームアプリの責任者は出てこい


視力回復~子供02.jpg


小さい子供の視力の弱体化、これは現代社会病にもなってきています。

こどもが近視になるとなにかと面倒がたえません。はじめは精神的打撃を受けます、これで親は焦ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で特徴的なのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。しかしながら一番上が視力に何の問題もない場合、次のこどもが視力検査で異常が出る危険性が強くなります。

つまり親がこどもの仮性近視について無頓着だと、こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

視力低下の原因は、近くのものを長時間見続ける、このことが主な原因であることは明白です。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従って任天堂のDS、3DSなどは、視力低下の諸悪の根源です。でも早いうちなら視力を回復させることが可能です。子どもの視力回復トレーニングが有効です。

視力の低下を防ぐ、視力を回復するためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書などの書籍は反射画面で、周りの光環境に左右されます。また頻繁に瞬きの動作が入るので、 適度に休みがあり目への負担は軽減されます。こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける スマホのゲームアプリは最悪です。

本物の視力改善インストラクターとは?子供の視力回復トレーニング


広告スペース
Copyright © azko48パーソナルブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。