So-net無料ブログ作成

視力低下を招く主犯はPSV


視力回復~木03.jpg


こどもの仮性近視が深刻な社会問題になっています。

自分のこどもの眼が悪くなるとなにかと不安になることが多いです。はじめは心理的問題でやられます、これにまず親は参ってしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で注目すべきは、兄弟の場合はじめの子が近視になると、次の子の視力には気をつけますので、近視の確率は下がります。しかしながら最年長の子供が視力が正常なままだと、年下のこどもが視力を下げてしまう可能性が高くなるのです。

要するに親の仮性近視に関する知識不足で、こどもが仮性近視になる率が高くなるというわけです。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば、こどもの視力低下を招くことも少なくなると云うわけです。

視力低下を招く原因は、近くのものを長時間見続ける、このことが主な原因であることは明白です。

つまり眼の焦点を近くにばかり合わせていると、眼のピントを調整している毛様体筋が硬直してきます。こういう生活習慣を続ければ次第に眼は近視化していくというわけです。従ってDSなどのゲーム機器はこどもの視力を奪う最大の敵です。仮性近視になってしまったら、一刻も早く視力を回復させるトレーニングを始めたほうが良いでしょう。

視力低下の予防、視力回復のためには、近くのものをずっと見続けるような生活習慣を改善しなければいけません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば、瞬きもせずに長時間、発光画面を凝視し続けることを強いられる PSVは最悪です。

視力改善を望むならコレ子供の視力改善トレーニング


広告スペース
Copyright © azko48パーソナルブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。