So-net無料ブログ作成

視力低下の根源任天堂3DSの責任者は出てこい


視力回復~木の実.jpg


小学生の仮性近視が増えています。早急な対策が必要です。

わが子の眼が悪くなるとなにかと心配ばかり募ってきます。第一にメンタルな打撃を受けます、これで親は慌ててしまいます。そうしてなんとか視力を回復させてやりたいと考えます。良い視力回復の方法はないのでしょうか?

子供の近視で面白いのは、兄弟だと一番上の子が近視になると、年下の兄弟の近視の危険度は下がります。けれども長男長女などが視力に何の問題もない場合、年下のこどもが視力が落ちてしまう危険性が強くなります。

つまり親が視力低下についてなんにも知らないでいると、子供の視力が悪くなりやすい傾向があるというわけです。

結論としては親がこどもの視力の低下の予防について正しい知識を持っていれば、こどもが眼を悪くすることも少なくなるというわけです。

近視になる原因とは、近くに視点を固定してしまう、これが一番大きい原因です。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると、水晶体を調整している毛様体筋が硬くなってきます。こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。従ってスマートフォンなどでのゲームアプリは、子どもの視力を奪う最大の原因です。視力を回復させることは簡単ではありませんが、視力回復は可能です。

視力低下の予防、視力回復のためには、近くを凝視するという生活習慣を見直さなければなりません。読書の場合は、近くでも視点移動やページめくりと言う作業があり,また適度に休憩をとることもできるのでまだ良いのですが、こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける 任天堂3DSは最悪です。

仮性近視を治すための本当のこと子供の視力回復トレーニング


広告スペース
Copyright © azko48パーソナルブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。