So-net無料ブログ作成
視力回復改善 ブログトップ

視力低下DSシステム [視力回復改善]

子供12.jpg

こどもの仮性近視が増えています対策を講じる必要があります。
自分のこどもが近視になると、なにかと面倒です。

はじめはメンタルな負担、これは保護者に重くのしかかります。

兄弟の場合はじめの子が近視になると
次は割と安全です気をつけますから
年長の子が近視にならないと
次のこどもが視力低下になる危険性が高くなる。

つまり親が視力低下についてなんにも知らないでいると
こどもの視力が悪くなる可能性が高いというわけです。

結局、親がこどもの視力について関心を示すようになれば
こどもの近視になる確率が低くなるというわけです。

視力が落ちてしまう原因は
近くのものを長時間見続ける、これが一番大きい原因です。

つまり眼の焦点が近くに固定された状態を続けると
水晶体を調整している毛球筋が硬くなってきます
こうした状態が生活習慣化してしまえば遠くが見え辛くなっていくというわけです。


読書も近くを見続けますが、本の場合視点移動やページめくりと言う作業があります
適度な間隔でブレイクが入るので目の負担は軽減されます。
こうしたことから考えれば瞬きもせず、長時間、依存症的に小さな有害光線を発する画面を見続ける
DSは最悪です。


子供に視力を取り戻させるには眼科医も頼った視力回復法があります。


視力回復と健康 [視力回復改善]

葉02.jpg

ゲーム機、DSやPSP、スマートフォン、人間の視神経に有害なブルーライトを発するこれらの機器が子供は大好きです。現代は生活の中に発光画面がやたらに増えています。子供の目の健康には信じられないくらいの危険な社会です。自分の子供が仮性近視になったら、親はまずとにかく眼科医のもとを訪れます。子供が目を一旦悪くして、それでもなんとか仮性近視から一時的に視力が回復しても、この先同じことの繰り返しが起こるのは必定です。

仮性近視と診断されたら、眼科医ではミドリンと呼ばれる点眼液などを処方します。まだ初期段階の仮性近視なら視力はある程度回復することも稀にあります。このミドリンMやミオピン、サンドールPはその使用に関しては疑問視する眼科医もいます。しかしある程度続けないと効果がでないのも事実です。

点眼を続け、数週間ごとに視力を検査しますが、悪くはならないこそ良くもならないのがせめてもで、いずれやがては「メガネをつくる」ことを勧められますでもメガネに頼れば年々度が強くなり、眼科の指定する系列のメガネ屋が儲け続けるスパイラルに巻き込まれてしまうだけです。メガネに頼れば確実に視力は低下し続けます。

眼科では仮性近視が散瞳剤などで視力回復しても、それも一時的、仮性のものだという認識があります。仮性近視が視力回復してもまた悪くなる可能性は大です。正視の状態を維持する努力が必要です。ある視力回復インストラクターは言います。眼科は眼病を治療するところ、眼科には視力を回復させようという意識はない。その真の意味は?

本物の視力回復インストラクターとは?田中謹也の視力回復トレーニング


視力回復改善 ブログトップ
広告スペース
Copyright © azko48パーソナルブログ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。